やすはら眼科クリニック|JR湖西線「新旭駅」より徒歩約6分。日帰り硝子体手術・日帰り白内障手術はおまかせ下さい。

黄斑上膜

黄斑上膜について

黄斑上膜とは?

網膜の中心部を黄斑部と言います。
黄斑上膜とは、その黄斑の上に膜ができて網膜を障害する病気です。
 
黄斑上膜は、進行すると視力低下や、中心暗点、ものがゆがんで見えるなどの症状が現れ、ゆっくり進行します。
一般的には加齢に伴って起こります。加齢とともに硝子体が自然に網膜面から外れていき、黄斑の上に硝子体の膜が残ることがあります。この膜を土台にし、細胞の増殖が起こるのが、原因と考えられています。
原因はさまざまですが、硝子体手術をおこなって膜を除去しない限り自然に外れることはありません。
ただし、ゆっくり進行する疾患なので緊急性は低いです。
 
硝子体手術をおこないます。
黄斑上膜はすべて治療しなくてはいけないものではありません。失明に至るという病気でもないので、ご本人が希望されない場合は、手術をおこなう必要はありません。
手術をせずに経過観察する場合もあります。

硝子体手術の詳細はこちら >>

目の病気と治療

クリニック情報

診療科目

眼科

診療日
診療時間
9:00〜12:00
14:00〜16:00 検査 手術 検査 手術
16:00〜18:00 手術

※手術(日帰り)
白内障手術・硝子体手術・緑内障手術・外眼手術

休診日

土曜午後/木曜・日曜

所在地

JR湖西線「新旭駅」より
徒歩約6分

〒520-1532
滋賀県高島市新旭町熊野本
1-6-8

Copyright © 2019 やすはら眼科クリニック All Rights Reserved.